墨田区の税理士法人田尻会計|事業承継、相続対策等はお任せください。

墨田区の税理士法人田尻会計|事業承継、相続対策等はお任せください。

【受付時間】9:00~17:30 (土日祝を除く)

墨田区の税理士法人田尻会計|事業承継、相続対策等はお任せください。

News
新着情報

【コラム】改正電子帳簿保存法①

令和3年税制改正により令和4年1月から電子データでの帳簿保存、スキャナ保存の要件が緩和され、これまでよりも利用しやすい制度になります。改正電子帳簿保存法はDX時代の経理業務効率化のカギになると言われています。  まずは、帳簿書類を電子データ(電磁的記録)によって保存する場合です。例えば、会計ソフトなどで帳簿を作成し、決算書類や元帳などを電子データで保存する場合などがこれにあたります。  これまでは利用開始する前に所...

【コラム】帳簿書類の保存期間

法人は、帳簿を備え付けてその取引を記録するとともに、その帳簿と取引等に関して作成又は受領した書類(以下「書類」といい、帳簿と併せて「帳簿書類」といいます。)を、その事業年度の確定申告書の提出期限の翌日から7年間保存しなければなりません。 【保存しなければならない帳簿書類の例】 〇 帳簿…総勘定元帳、仕訳帳、現金出納帳、売掛金元帳、買掛金元帳、固定資産台帳、売上帳、仕入帳など 〇 書類…棚卸表、貸借対照表、損益計算書、注文...

【コラム】企業版ふるさと納税

令和2年度の税制改正により「企業版ふるさと納税」の大幅な見直しがされ、企業にとってより利用しやすい仕組みになっています。  企業版ふるさと納税は、内閣府が認定した地方公共団体の地方創生事業に対し,企業が寄付(下限10万円)を行った場合に法人税等から税額控除する制度です。2016年に創設された制度でしたが、個人のふるさと納税の寄付額が約3,495億円(平成30年度)なのに対し,企業版ふるさと納税の寄付額は約34億円(同年度/寄附件...

【コラム】ポストコロナ持続的発展計画事業

ポストコロナ持続的発展計画事業をご存じでしょうか。本事業は、資金繰りの管理や自社の経営状況の把握などの基本的な経営改善に取り組む中小企業者等が、国が認定した税理士などの専門家の支援を受けて経営改善計画の策定する際、その費用の3分の2(上限20万円)を補助することで、中小企業者等の早期の経営改善を促すものです。  具体的に本事業では、以下のような書類が作成できます。 ①『ビジネスモデル俯瞰図』…自社の顧客、仕入(外注)先...

【コラム】M&A

近年、M&Aについてご相談いただくことが多くなりました。  中小企業がM&Aを行う場合、手法として株式譲渡や事業譲渡を用いるケースが多いです。  株式譲渡は、譲渡側の企業が、自社の株式を譲渡し、譲受企業の傘下に入る方法です。株式譲渡は、いわゆるオーナーチェンジですので、譲渡企業で特別な会計処理はなく、事業譲渡に比べ手続きは容易と思われます。譲受企業は譲渡企業の権利、義務をそのまま引き継ぎますので、買収監査(デューデリジ...

【コラム】遺言書と民法改正

改正民法により、相続における遺言の方法が変わりました。遺言で代表的な方法は、自筆証書遺言と公正証書遺言ですが、今回の改正で特に自筆証書遺言の方法が変わりました。  自筆証書遺言とは、文字通り遺言者が自筆で作成するものですが、これまでは、すべてについて本人が自筆しなければなりませんでした。財産の種類の多い方は、財産目録も自筆で書き残すとなると、なかなか大変な作業でした。このため改正法では、財産目録を添付する場合は、...

【コラム】事業承継税制

『非上場株式等についての相続税・贈与税の納税猶予・免除制度の特例措置(以下、「特例」税制)』は、一定の要件のもと、事業承継に係る相続税等・贈与税の納税を猶予してもらえる制度で、従来の事業承継税制よりも要件が緩和されたものとなっております。「特例」税制は、適用期限が決まっており、2027年12月31日までの相続等・贈与に適用され、残り6年あまりに発生する相続、贈与が対象となります。  この「特例」税制の適用を受けるためには、...

【コラム】戦略策定のフレームワーク

新型コロナウイルスの影響をうけ、自社の商品やマーケットを見直し、新しい商品や新しい顧客を作り出そうとする企業も多いのではないかと思います。今回はそうした戦略策定に利用する有名なフレームワークをご紹介します。 ●SWOT分析・・・自社の抱える内部環境を「強み(Strength)」と「弱み(Weakness)」に分け、市場など自社を取り巻く外部環境を「機会(Opportunity)」と「脅威(Threat)」に分けて、それぞれプラス部分を伸ばし、マイナスの...
税理士法人田尻会計では、緊急事態宣言の影響緩和のための一時支援金の事前確認を承けたまわっております。 事前確認でご来社いただくお客様につきましては、事前予約のご連絡をお願いいたします。 ご確認させていただきます書類は ①履歴事項全部証明書(法人)または本人確認書類(個人) ②収受日付印のついた2019年1月~3月及び2020年1月~3月までをその期間に含むすべての確定申告書の控え ③2019年1月~2021年対象月までの各月の...

【コラム】黄金株

事業承継のご相談を受けると、税対策のため早めに経営権(株式)を後継者に引き継がせたいけれど、まだ会社を任せることに不安があるというお話を聞きます。後継者の方がまだ若かったり、経験が浅かったりすると、安心してバトンタッチできないということのようです。とはいえ自社株の評価額が高かったりすると、将来の相続税も多額になり、早めに承継したいと悩まれています。 そのようなお客様には種類株式(拒否権付株式)の活用をご提案してお...

【コラム】贈与契約の注意点

相続税の増税により、相続税対策で贈与を行う方が増えております。暦年贈与の場合、1/1~12/31にもらった財産の総額が110万円(基礎控除額)を超えると、その超えた部分に対し贈与税が課税されます。納税義務者は財産をもらった方(受贈者)です。 暦年贈与は、1年間の受贈額が基礎控除額を超えなければ、贈与税は発生しません。この場合は贈与税の申告の必要もありません。贈与契約自体は口頭契約でも成立しますが、後で贈与があったことを証明す...

コラム;こんな贈与は要注意!

親の世代から子や孫の世代に相続時でなく、生前に財産を上手に渡す方法として贈与する方法があります。しかし贈与したつもりだったのに相続時に贈与とは認められず相続財産とされてしまうケースがあるので注意点を確認していきましょう。 ①連年贈与に注意 贈与税は毎年1月1日~12月31日までの間(暦年)に受けた金額の合計に応じて計算されます。贈与税の基礎控除額は110万円なので110万円以下であるならば申告は不要になります。110万円を超える...

墨田区,税理士法人田尻会計

〒131-0041 東京都墨田区八広4-23-1

墨田区,税理士法人田尻会計03-3618-4403

【受付時間】9:00~17:30 (土日祝を除く)